宮崎県神楽サポーター一覧

認定されました企業・団体を紹介しています。

名 称

連絡先

認定理由

認定日

特定非営利活動法人東米良創生会
〒881-1231
西都市大字上揚2-2
ホームページ >
銀鏡神楽保存会に対し、練習用鏡を寄附したほか、奉納時の感染症防止対策、賄いなど神楽の裏方の手伝い、ホームページでの情報発信、地元小中学校の神楽等に触れる授業への協力などを通じて支援を行っており、尾八重神楽を含む東米良地区の伝統文化の継承を柱の一つに位置づけ、今後も、高齢化や人口減少が進む同地区の創生のために継続的に支援を行っていくこととしている。
2021/03/30
宮崎空港ビル株式会社
〒880-0912
宮崎市赤江
ホームページ >
神楽の囃子をモチーフにした音楽に合わせて、人形が神楽を舞うからくり時計「夢かぐら」をはじめ、「神話のステンドグラス」や「祭りのジオラマ」等を通じて、県内外の多くの人々に神楽や神話を強く印象づける発信を行っているほか、県民を対象に「神話と花のバスツアー」をシリーズで開催し、県内各地の神話や神楽への理解を深める活動を行うなど、地域に貢献する空の玄関として本県神楽の盛り上げに貢献している。
2021/03/30
一般社団法人ツーリズム高千穂郷
〒882-1102
西臼杵郡高千穂町大字押方1248-25
ホームページ >
 事務局員の神楽の奉納等のための休暇取得の奨励はもとより、国内外の大学や国際団体による神楽に関する調査や神楽を通じた地域との交流等の窓口を積極的に担い協力しているほか、地域における神楽体験プログラムの開発を支援するなど、神楽を資源として生かした地域外との交流促進に取り組んでいる。
2021/03/30
一般社団法人高千穂町観光協会
〒882-1101
西臼杵郡高千穂町大字三田井809-1
ホームページ >
職員の神楽の奉納等のための休暇取得の奨励や神楽の情報発信はもとより、高千穂町内全地区の神楽保存会で構成する「高千穂の夜神楽伝承協議会」の事務局を主体的に担い、研修会実施など同協議会の活動を経費を含めて支援しているほか、15の保存会のローテーションによる毎晩の神楽公開を通じて、技芸の向上や継承意欲の維持、後継者の確保につなげている。
2021/03/30
株式会社アクトテック
〒125-0053
東京都葛飾区鎌倉3-16-4
ホームページ >
社長が椎葉村栂尾地区出身で、同地区出身の従業員3名を雇用しており、うち栂尾神楽の舞手である2名が奉納等のために毎年1週間程度帰省するに当たって休暇取得を奨励しているほか、社内・社外に呼びかけ、毎年、何人かで同地区を訪れ栂尾神楽を鑑賞するなど、同地区在住者だけでは難しくなった栂尾神楽の継承を県外から支援している。
2021/03/30
松野工業株式会社
〒547-0023
大阪府大阪市平野区瓜破南2-3-67
ホームページ >
県の「みんなで支え未来に繋げるみやざきの『宝』継承事業」(事業内容:子ども神楽の発表の機会の提供、神楽を支えるリーダー研修会、県外での神楽公演、日向神話の漫画本の作成等)の趣旨に賛同し、同事業の経費に充てるために、企業版ふるさと納税を活用して県に100万円以上の多額の寄附を行い、本県神楽の継承に貢献した。
2021/03/30
イー・アンド・エム株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町3-1-1麹町311ビル
ホームページ >
県の「みんなで支え未来に繋げるみやざきの『宝』継承事業」(事業内容:子ども神楽の発表の機会の提供、神楽を支えるリーダー研修会、県外での神楽公演、日向神話の漫画本の作成等)の趣旨に賛同し、同事業の経費に充てるために、企業版ふるさと納税を活用して県に100万円以上の多額の寄附を行い、本県神楽の継承に貢献した。
2021/03/30
有限会社ファスニング機工
〒802-0064
福岡県北九州市小倉北区片野2-2-15
ホームページ >
県の「みんなで支え未来に繋げるみやざきの『宝』継承事業」(事業内容:子ども神楽の発表の機会の提供、神楽を支えるリーダー研修会、県外での神楽公演、日向神話の漫画本の作成等)の趣旨に賛同し、同事業の経費に充てるために、企業版ふるさと納税を活用して県に100万円以上の多額の寄附を行い、本県神楽の継承に貢献した。
2021/03/30

申請方法
みやざき文化振興課までお問い合わせください。
電話:0985-26-7099
メール:miyazaki-bunkashinko@pref.miyazaki.lg.jp

このページのトップへ